フォノソーラーについてPhono_Solar_Photos_img_02Phono-Solar-LOGO

会社沿革

1978年  | 江蘇蘇美達グループ 江蘇南京で設立
1997年  | 中国機械工業グループ 中国北京で設立
2004年  | フォノソーラーとして太陽光発電事業に進出する事業会社へ
2008年  | 120MW生産ラインの立ち上げ 
2009年  |  年間生産ラインが120MWから200MWまで拡大
2011年  | 国機グループがフォーチュン500位にランクイン | フォノソーラー250MW自動化生産ラインが操業開始へ
2012年  | 国機グループ新エネルギー産業拠点と国機グループ中央研究院南京分院の設置を計画
2013年  |  国機グループがフォーチュン500位の326位にランクイン
2014年  | フォノソーラーは、ブルームバーグ•ニュー•エナジー•ファイナンス(BNEF)太陽電池モジュール生産業者格付けシステムでTier 1として認定
2014年  | 国機グループがフォーチュン500位の278位にランクイン

フォーチュンフォーチュン2
フォーチュン・グローバル500 2014年(日本編)

フォノソーラーは ISO 14001認証を取得しており、環境問題へ積極的に取り組んでいます。

OHSAS 18000(労働安全衛生アセスメントシリーズ18000)を取得することにより、環境意識の底上げを果たし、且つ内部統制を徹底することにより、企業の利益を損なうことnなく、品質管理レベルを向上すると同時に、職場の安全管理を強化してきました。
フォノソーラーはPV Cycle 協会の一員として、廃棄される太陽電池モジュールを自主回収し、リサイクル構築システムに取り組んでいます。 ここをクリックしてPV Cycle協会会員証書をダウンロードしてください。